FC2ブログ
--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010. 11. 29  
 今回のチャレンジは190君が法事の為欠席、私は大事を取って欠場し、サンペーさん1台の参戦となりました。

 前日練習はKAITとAOTも走らせ、カデットとミニロックの中、コマーはたった2台での練習となりました。


2010112710270000.jpg

 AOTの調子がよく、コマー2台を絡ませての練習、良い練習になったと思います。


2010112715480000.jpg






 サンペーさんは、練習の成果もあり古いタイヤでも39秒前半でラップを重ね、良い感じ・・・・

 ラップを取っていて思ったことは、一発のタイムは出ないが、平均が上がっている。


2010112710270001.jpg


 そして、タイヤをニューに入替え、最後のセッション。

 サンペーさんはニュータイヤを使っても何故かタイムが上がらないという不思議な人でして、またいつもと同じかと見ていると、少しだけタイムアップ、190君などは0.5秒以上速くなるのだが、サンペーさんは0.3秒くらいしかタイムが伸びない。
 それでも、初めてニュータイヤを使いこなせたと喜んでいた。

 結局39秒フラットで前日の練習を終えました。



 そして、レース当日。


2010112815330000.jpg


 TTは混戦状態、今一つタイムが伸びずに9番手。
 39.2秒台にずらずら並んでいる、トップは38秒後半、やはり38秒には入れたかった。

 そこで午前中のメニューは終了。
 予選ヒートと決勝は午後、暇な時間を持て余すことになりました。


 レース観戦中のKATIとTSK、KAITは自分が走らないとなると結構暇そうにしており、TSKの金魚のフンとなっていた。

2010112815340000.jpg

 予選ヒート
 相変わらずスタート直後の混乱があり、どさくさに紛れて順位を上げ、6位でゴール。
 タイム的にはもう少し上がれそうな感じ。

 決勝
 既に夕闇が降りてきており、照明に火が入ってのスタートとなりました。(4時を過ぎていた)

 スタートし1コーナーで外にラインを取ったのが失敗だった。
 クロスを掛けるとかせずに、ただ、外側を旋回するサンペーさん、当然、ラインの外側はゴムカスが溜まっている。思い切りゴムカスを踏みながらの走行、1コーナー出口で当然のごとくハーフスピンし横を向いたところを、バコっと後続車に足ごと踏まれ、間髪いれずにもう一台同じところを踏まれて動けなくなりリタイヤとなりました。
 
 スタートして2秒くらいで終了となってしまい、残りの17周は2コーナーのポストで眺めておりましたとさ・・・・・・・・・

 身体は無事そうでしたが、踏まれた足が少し痛いと言ってました。

 足を踏まれるというのもめったにない事でしょうが・・・・

 で、車はと言うと
2010112816440000.jpg

 こんな感じ。

 スポイラーステーも両方のペダルも傾いていて、Fスポイラーはど根性ガエルの如く潰れていた。やけにイントレの目が寂しそうに見えたのは気のせいでしょうけど・・・・・

 サンペーさん、これで2戦連続のリタイヤ、最終戦は1.5倍だったのに、レースですから仕方ないけど。。。。。。

 来年頑張りますかね。












スポンサーサイト
2010. 11. 22  
 土曜日の練習走行は色々な事件が発生した。

 朝一番から具合の悪いKAIT、午前中を車の中で寝て過ごす羽目になる。

 走りたいのに走れない、ナラシも出来ず、エンジンテストも出来ずに諦めモード。。。。。。。

 TMは車を壊して帰ってきた。

 左のナックルが曲がっている。

 そろそろくたびれて来ているTMのカート、だましだまし使っていたが、この事故をきっかけにフレームチェンジ。

 なんと、スペアで持ってきていたKAITのカート、使用暦16ヶ月のCRGを譲ることになった。

 多分、いや、絶対に、TMのビレルよりは動きが良いはず。

 KAITがKTを積んで走っていたカートだ。

2010112113400000.jpg

 お払い箱になったビレル、子供のおもちゃになってました。

 午後になり、冬眠から覚めたKAITが走り出す。意外と乗れている、タイムもそこそこ、しかし、帰ってきて「吐きそう」とひとこと言って、重度の二日酔いの如く嗚咽を上げながら横になってしまう。

 まるで親父のようだった・・・・・・・

 YUCIはYUCIで調子の上がらない様子、対照的に徐々に良くなってくるTM、寝ているKAIT・・・・・

 「これ走ったら終わりにするから」とエンジンを積替えてKAITの2本目、ところが速かった、しかし注意力が足りないのか、ピットインのサインを無視、そして~1コーナー手前で接触、クラッシュ、KAITが飛んだ。
 結構な勢いで飛んでいった、見た瞬間私もピットロードを飛んで行った。

 近くに居た親父連中が慌てて救出(ありがとうございます)、それからコース上のカートを回収。ピットロードでたたずむKAIT、後続車に引かれないで本当によかった。怪我は無さそう、「足が少し痛いよ」と言うが動いているから大丈夫。

 車を見ると無残にも左タイヤがソッポを向いていた。ナックルが千切れかかっている、タイロットとステアリングシャフトもだめ、フレーム本体は大丈夫な様子。

 早速パーツを探して修復し、兎に角走れるようにして前日は終了。

 結構疲れましたとさ・・・・・


2010112113390000.jpg

 レース当日、
 いきなり練習走行でTMがEgを焼き付かせてしまう、

 せっかく調子が出てきたのに、上手く行かないな

 そのエンジン、昨日ナラシしたばかりなのに、新品のピストンがぁ・・・・・

 薄く出ていることをこのときに気付くべきだった。

 KAITは曲がらないと言い出し、フロント周りの調整でてんてこ舞い。YUCIも調子があがらない。

 フロントを直して、TTだが、タイムが出ない。

 決勝はエンジンを積替えて行ったが、スタートでKAITとTMの2台が絡んでしまいスピン、その後追走するが離れる一方、結局失敗。

 残るはYUCIのみ、何気にエンジンが出てきているが、今一つ調子が上がらないのか、行けそうで行けないじれったい展開になり、最後はSRに抜かれるしまつ、残念だな。

 結局惨敗のレースでした。

 くやしいよ~

「パパのせいだからね、反省してよ」とKAITに言われ、返す言葉も無くうなだれてました。

 あー~~~~~く・や・し・い・よ~

 このままじゃ終われない、最後のレース、東日本の茂原でリベンジしてやる。 
2010. 11. 15  

 さてさて、遥かなる榛名へやってきました。

 さすがに11月、そろそろストーブの出番です。

 今回はチームからはKAIT一人で寂しく参加、前日練習ではコースを忘れてしまっているらしく、50秒を切れずにラップをかさねる始末、セットとかエンジン以前の問題なので諦めて放置することに・・・・・・

 それでも午後になると、走り方を思い出したらしく、そこそこ普通に走り出したので、一安心。
 レースで使用するエンジンも決まり、問題はドライバーだけです。



2010111309200000.jpg

 レース当日

 TTではまたもや一周もせずにスピン、グラベルにハマって終了。
 未計測のため、最後尾と思いきや、後ろにもう一台。21台中20位からのスタートとなってしまう、まるで前回を見ているような感じです。

 榛名に来ると、いつもTTが上手く行かない。これで4回連続後方からのスタートとなってしまった。

 それでも、お約束どうりに4列目まで順位を上げて決勝へ。

 決勝は8番グリットからのスタート、一時期は6位まで順位を上げるが、最後競り負けて8位で終了となりました。


2010111416000000.jpg


 やはり、上位はレベルが違いますね。
 
 最終戦ともなると、一年間の成長具合が良く分かります。

 来年はどうなることやら・・・・・


2010111416350000.jpg

 8位までが入賞だったので、ギリギリで絡みましたが、「入賞なのにトロフィーも賞金もない」と、我が家のバカせがれが文句を言ってましたが、バカのたわごとと聞き流し帰りは東北道経由で帰りました。

 東北道だと2時間半・・・・・
 関越だと???????







2010. 11. 08  
 いよいよ、本拠地NTCでの最終戦

 コマー4台とパンサー1台での参加。

 パンサーは勿論サンペーさん、OP125クラスです。

 レース当日は7時集合、サンペー到着、YUCIが来て、そしてAOTが到着。

 ところが、TMが来ない、遅くとも8時までには来るだろうと思っていると電話が鳴った。時計を見ると7時半ごろ、
「寝坊しました・・・・・」
「え、もしかして今起きたとか?」
 7時集合のはずが、起床7時になってしまったらしい。
「取り合えずすぐに出て、急いで向かってください」
「無理ですよねぇ」とTM父。
「いいから取り合えず出てってば」
 正確ではないがこのようなやり取りがあったと思う。

「一人遅れてるんですけど・・・・」
オフィシャルに謝りに行き、そして待つこと1時間、ドラミの最中に滑り込みセーフ。


tm遅刻


 すぐさま、カートを下ろして、ばらばらのまま車検を受け事なきを得た。
 
 TM父、海よりふか~く反省してください。


2010110608540000.jpg

 TTはKAITがラストラップで3番手に食い込んだ。YUCIが5番手、TM11番手AOT14番手、TMとAOTは何故か練習走行より遅くなってしまった。
 AOTも本来の走りが出来てない、単走で走ってももっとタイムは出るはずである。
 やはりレースだと緊張するのだろうか?とくにAOTは十分に練習しているはずなのに、・・・なんか納得できません。

 OP125のサンペーさんは4番手に納まった。もう少しいけたかな?

 予選ヒート
 KAITは3着と4着と同じような結果、YUCIも少し落して8着7着、TMはヒートごとに悪くなっていった、なぜだ?

 OP125ではサンペーさんが2着まで順位を上げてのゴール。
 かと思いきや、まさかの・・・・・・・まさかの・・・・・・・



さんぺー


まさかの・・・・・


周回誤認

 周回数誤認。

 最終ラップのモナコから、手を上げてピットに入ろうとし、2台に抜かれ慌てて復帰するも既に手遅れ。

 事情の解らない我々は、
「いまどうしたの?」
「押されたのか?」
「いや、ミスったろ」
 などと話していた。

 車検場で
「どうした?」
「間違えちゃった」
「え、何を?」
「周回数」
 あきれた私は
「バカヤロー、チェッカー受けてねえだろ、勝手にレースを終わりにするなよ。オートレースだったら出場停止だぞ」
 と言い放った。が、しょうがなし、実力的には2位までは確実に上がれそうだ。

そして決勝

 KAIT3番グリット、YUCI8番、TMとAOTは下位に沈んでしまっていた。TMのエンジンは走るたびに遅くなっている感じがする。そしてAOTには課題を与えた。

 レースはトップの3台が逃げる展開になる。KAITは2位に上がったまま、仕掛けず動かずにじっとしている。3人で話し合っていたらしく、後続を断ち切るまでは競らないで逃げる作戦らしい。
 見事に3台の逃げ切り体制になり、残り4周で「抜かせ」のサインを出した。そこから抜きにかかるが、そんなに簡単には行かせてくれない。
 そして3位に下っての最終ラップ、写真をご覧になってください。



クラッシュ1

クラッシュ2


クラッシュ3



クラッシュ4


クラッシュ5



 前の2台がクラッシュ、そして、まさかまさかの
初優勝

 拾ったような優勝でしたが、勝ちは勝ちってことで、親子ともども喜んでいます。

 YUCIも3位に入り表彰台、AOTは課題をクリアー出来たし、よかったね~


シャンパン

表彰台


シャンパン2

 GARAGE KAIT は1位と3位、表彰台に2人上がるのは初めてのこと。
 KAITはシリーズも2位に入り、出来すぎのような気がします。

 WEレースの初戦と最終戦の勝者をチームから出せたのは最高でした。
 「途中は何やってたんだよ」って言われそうですが・・・・・・・



 残り2戦(茂原最終戦と東日本ジュニア)気合入れていきましょう。
 TMのエンジンも直さないとね。
 原因究明頑張ります。





 OP125も2位に入りました。

 サンペーさん久々のお立ち台です。


2010110616580000.jpg

 凄く安定した走りで、捌くのも上達しています。

 チャレンジカップはそこそこ行きそうですよ。









 











2010. 11. 04  
 レース前最後の練習日。

 コマーの4人は勿論のこと、サンペーさんも練習、

 ほんと我がチームは頑張り屋さんが揃ってます。
 
 一人の例外(190君)を除いて・・・・・・・

2010110309180000.jpg


 
 AOT父は朝からエンジンの調子が悪く、原因解明までほぼ午前中を費やしてしまい、レース前の基本的なセットだしすら出来なかったのでは?
 ただ、原因が分かっただけでも、良かったと考えるべきなのだろうか?
 まあ仕方なし

 シリーズも最終戦になると、皆、上手くなってきているので差はそんなに感じられない。

 レースを想像すると、ごちゃごちゃの大バトル大会になるような気がしてきた。



2010110312290000.jpg


 KAITとTMは大分調子を上げてきている、だが、YUCIは今一つ・・・・

 というか極端に遅くなってしまっている。原因不明、多分エンジンだと思う。

 コマーは難しい。

 時間の無い中レースに使うエンジンを決めて終了。


2010110312300000.jpg


 サンペーさんのイントレ、大分良い感じに決まってきたようだ。

 トラックに乗っているハブを引っ張り出しテストしていた、何が良かったのかは秘密です。

 

 
2010. 11. 01  
 台風一過・・・・・

 ところが朝起きると、どんより曇っていた。

 この日の練習は、前の晩に一緒に飲んでいたTM父との2台だけだと思っていたのだが、サーキットに到着するとYUCIもAOTもやる気満々で準備を終えていた。

 AOT父、ピットの確保ありがとうございます。

 高速に乗ってから振り出した霧雨は上がらず、一本目はウエットでの走行となった。

 ところが、またもやレインタイヤを忘れてしまって、ぶつぶつ文句を言うKAITを脅して、スリックで走らせることにした。






 AOTはレイン、そのほかはスリックでの練習。。。


 雨も上がって2本目からはドライになり、台数が多いせいかレースさながらのバトルモード。

 TMがかなり乗れてきている印象をうけた。

 KAITはやはり最後に競り負けていた。今一つ何かが足りない・・・・何だろうか?って

 分かってます、頭脳ですよね。




2010103110270000.jpg


 頭が足りないんだよ~まったくも~
プロフィール

mickeimama

Author:mickeimama
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。